HOMEへ日記投稿修正・削除管理用過去ログ
*** るんるんのどん底人生 危機一髪 ***

お知らせ

るんるんのどん底人生 危機一髪では、日頃の出来事や思ったことを書いていきます。
投稿記事を修正・削除する場合は、下のフォームより修正・削除できます。
予告なしに管理人が投稿(レス)記事を削除する場合があります。


どうせ天国に行けないから… (No.8) 05/03/04(Fri) 00:16
神様…もしいるのならおしえてください。
私は確実に過ちを犯しています。
この過ちを脱するには自力で出て行くしかないのですか?
私は過ちのばつとして傷を負わなければ行けないのですか?

そして何が本当で何が嘘なんですか?

もうなにもわかりません、なにも信じられません。

助けてください

ぽー (No.10) 06/08/06(Sun) 23:10
私にはあなたの過ちを犯しているのかメールを
拝見した限りでわかりません。不都合なければ
教えて頂けますか。
ぽー (No.11) 06/08/06(Sun) 23:11
私にはあなたの過ちを犯しているのかメールを
拝見した限りでわかりません。不都合なければ
教えて頂けますか。


目を見てはなす事 (No.9) 05/03/05(Sat) 01:41
本当に不安でおかしくなりそうだった。
でもあなたに逢って目も見てぬくもりを感じて話したら全部すっ飛んだよ。

答えは簡単だったのかもしれない。

あなたが私と私の病気をなにも言わずに受け入れてくれるように、
私もあなたの今の立場を受け入れて素直にあなただけを信じてみようと思った。

好きな人を信じられない…それほど辛い事はないよね


生きる意味 (No.7) 05/02/06(Sun) 01:18
るんるんと言う仮名で日記を書くことにしたのには1つの理由がある。
本当の私を包み隠さず書きたかったからだ。
私が誰だか知っているのはしのと私とカンのよい人だけだろう。

私は、いまほとんど薬物中毒だ。とはいっても違法ドラッグではない。
精神安定剤、睡眠薬と言った合法の処方薬での中毒だ。
薬を1週間も止めると、幻聴が聞こえ、幻覚が見える。
医療というなのもとに合法なだけで違法ドラックと対して変わりはない。

そして、ほかにも、不眠症、買物依存症、節食障害…他沢山の病気を患った。

ぎりぎりで死にそうになった。
常に自殺願望がある私には、死ぬ事は受け入れやすい事だと思っていた。
ただ、本当に死が目の前に迫ってきた時に、私は死にたくないと本気で思った。
まだ死にたくない。。。大切な人に逢いたいと…

集団自殺や殺人、または自殺未遂、リストカットなど当たり前のごとく日常に氾濫している。

私も未だに生きている意味はわからない。
生きて居ても人を傷つけ罪を増やしているしかない。

私の生きている意味はなんのか。多分死んで見ないとわからない。

もしリストカットが止まらない人や自殺願望がある人が読んでくれたら考えてみて欲しい。
悲しいのも苦しいのも生きているからだ。
どんな事があっても歯を食いしばって生きていくしかないのだ。
神に生かされている私達は自ら死を選ぶ事は許されていないのだから。


元気サプリ (No.6) 05/02/04(Fri) 00:06
私には元気になるためのサプリメントが有る。
それは、顔も知らない男の子。
メールだけの付き合い、いわゆるメルトモだ。
知っているのはお互いの年齢と仕事だけ。
どうでもいい会話をメールでやり取りしている。
彼は私に無いものを沢山持っている。
ミリオンヒットを出すために日々作曲に取り組み、練習に取り組み、夢に向かって他をすべて捨ててひたむきに歩いている。
今の私にはすべてを捨てられるほどの夢はない。
その夢を探すためにやっと1つ捨てる事ができた。
これからも彼に元気をもらいつづけるだろう。
ひらない内に口ずさんでる曲…
もしかしたら彼の作った曲かもしれない…


すきと言う気持ち (No.5) 05/02/01(Tue) 02:14
もし、すきと言う気持ちが目に見えるのなら、それはキットとってもきれいな円形の、
真っ白な真珠のようなものでしょう。
一点の曇りも無いその好きという気持ちを胸に抱いている女の子もキット、その真珠に
負けないくらいの輝きを持っているでしょう。

でも私の真珠は汚れている。
いくつもの黒い斑点ができ、黒真珠になってしまいそうです。
そしてその真珠を胸に抱いた私も、もう真っ白ではいられないでしょう。

黒真珠を胸に抱き一生生きていく決心をして飛びこむ覚悟が私にはあるのでしょうか?

[1] [2]


処理 記事No. パスワード

MultiBoard Ver.7.45
Original : KENT WEB
Edit : SHINO'S HOME
Icon : PASTEL